ミノキシジルだけでAGA治療。初期脱毛はあるの?

ミノキシジル(ミノタブ)不要だけで薄毛から脱出!毎日髪が抜ける恐怖におさらば!

女性にとって髪の毛は命。という言葉がありますが、男性にとっても髪は命。
少なくなってきた頭髪に何かできる事はありませんか?
マッサージや食事に気を付けた民間療法を実践しますか?

確かな事は、ミノキシジルは医学的に証明された育毛薬です。
お薬による確かな薄毛治療のご紹介ですが、個人での治療は自己責任ですので、よく情報を収集して薄毛治療の行ってください。

ある日、突然,気になり始める,,,,,,,,,,,,,,,
☑お風呂での抜け毛の量が増えた気がしてきた。
(もしかしてシャンプーが変?)
☑朝起きたら枕に髪の毛がかなり抜けている
(今日は寝相が悪かったかな?)
☑友達との集合写真で自分の後頭部の薄さに気づく
(え?もしかしてAGA?)

毎日、鏡をみてますが、頭頂部ってあまり気にならないですねよ。

皆さまは、恐らく毛髪のために何かしらの対応が必要と感じているのでしょう。
☑医学的根拠
☑長い実績

その、「ミノキシジル( AGA薄毛治療薬 )」を調べているのではないですか?!

ミノキシジルとはAGA薄毛への効果ある?どんな感じ?

ミノキシジルの毛根への効果
ミノキシジルの毛根への効果

まずは簡単に「ミノキシジル」について簡単に説明を致します。

ミノキシジルの特徴は
頭皮と毛根の血流促進のための薄毛対策のためのお薬です。
男女ともに効果のある薄毛治療が出来ます。

ミノキシジルは、
頭皮の血行を良くすることで毛根を元気にして発毛を促します。

・ミノキシジルは、元々は、血圧を調整する処方箋として開発されました。
・臨床試験の最中に髪の毛に良いという事がわかり薄毛治療薬としても販売開始。
・ミノキシジルの成分は「リアップ(大正製薬)」などで有名な成分ですね。
 頭皮に散布するよりも体の中からの方が治療効果は非常に高い。
 *日本では処方箋薬の広告できませんので散布タイプの知名度が高いですね。

やっぱり、みなさんコッソリ薄毛治療をしてるんでしょうね。
医薬品(処方箋)は広告を出しにくいので、他の商品に比べると目に付きにくいのでAGA薬のミノキシジルの知名度がどうしても低くなるんでしょうね。

散布するタイプは認可が通りやすいが効果は?

服用タイプは効果が高いが、同時に副作用もある。

もともと、服用タイプとして臨床試験で効果が高ある成分「ミノキシジル」が注目をあびました。

それから散布しても効果があるとして、各社メーカから開発が始まりました。

☑一度、認可を取った成分の他の用途(服用以外)は認可が通りやすい。
☑用量は少なくすれば一般薬品(処方箋が不要)として販売できる。
  つまり広告が出来る。処方箋薬は広告が出来ない。

効能等は販売される前に、しっかりとり臨床試験確認をされています。
魅力の発毛効果について「はっきり」しています。

ですが、元々、「飲み薬としての効果あり」でしたので、散布する事での効果は各メーカーさんの過大広告の感があります。
効果はあるが、効果が薄く現状維持どまりとの方も少なくないようです。
服用タイプを一度試してみれば「明らかな」効果の違いに驚くでしょう。

ミノキシジルの初期脱毛はあまり気にしなく大丈夫?

気になる初期脱毛

結論からいいますと、ミノキシジルでは初期脱毛は殆どありません。
飲み薬のみの「フィナステリド」のように劇的な効果が無い分、初期脱毛の心配は少ないのがミノキシジルです。

医学的効果がある発毛医薬品は3種類程度あります。
ここでは比較として、効能タイプ別に2つを取り上げ、説明致します。

<ミノキシジル(ロニタブ):毛根の血流改善>
・頭皮の血行を良くする。
・初期脱毛の発生確率はほとんど無いが、ミノキシジルの効果はゆっくり。

<フィナステリド:薄毛発生の原因酵素を排除>
・抜け毛の原因(酵素)を除去する。
・そのため、発毛の効果が高い分、副作用としての初期脱毛がでます。(個人差あり)
  クリック⇒フィナステリドとして有名(フィンペシア)の説明はこちら。

ミノキシジルは育毛の即効性が望めないが、初期脱毛の副作用も少ないと言わています。

ミノキシジルは初期脱毛の副作用が強い他のフィナステリド系とは異なります。

口コミ的には判定が難しい場合があります。
実はミノキシジルを利用する方はフィナステリドと一緒に服用を開始する方が多いのです。

つまり2つの医薬品の同時使用は、「抜毛防止」と「育毛」の同時治療になります。
*ロニタブとフィンペシアを一緒に使うと高い効果が得られます。

ミノキシジルとフィナステリドは効果が違うんじゃ。
☑ミノキシジルは頭皮の血行を促進し毛根を元気にする。
☑フィナステリドは原因の酵素を排除する。

このフィナステリドがミノキシジルよりも効果(副作用)が高いのじゃ。
ですので、フィナステリドは副作用(初期脱毛)の心配はありません。

ミノキシジルと違い、
フィナステリドは効果が高い人ほど、初期脱毛の発生率が出てくるようです。
毛根状況が悪ければ悪い人ほど、まずは発育不良の毛根を「先に」排除しますので、初期脱毛が多いなる傾向が高いようです。
その初期脱毛の代償として発毛効果が高いのですね。
この点でいえばミノキシジルは効果はフィナステリドより高くはないですが、初期脱毛は控えめでゆっくり毛根・毛髪を改善していきます。

ミノキシジルはゆっくりタイプの発毛効果だから、副作用も非常に少ない。

ミノキシジルは初期脱毛はなぜ起こる?

ミノキシジルでも初期脱毛の発生の可能性あります。

「ミノキシジル(ロニタブ):頭皮の血流、血行の改善」します。頭部へ栄養分を送ります。
注:フィナステリド(フィンペシア)は脱毛原因物質を排除します。

頭皮・毛髪の不健康な発毛サイクルの正常な状態を正常に戻す過程で「穏やか」ですが頭皮・毛根のリセットが起きます。この過程で初期脱毛が起きると言われています。
注:フィナステリド(フィンペシア)は、この「リセット」が急激に起きるので、副作用としていの「初期脱毛」が強い傾向があります。その代わり効果は絶大です。
  参考:フィンペシアはこちら

頭皮の状態を一度「リセット」により初期脱毛が起きるんですね。
ですが、ミノキシジルはゆっくり頭皮の状態が改善されるため初期脱毛のリスクが低いんですね。

髪の毛は一定の「生え変わりのサイクル」があります。

生え変わりのサイクル

毛根が元気な限りは、

「発毛」⇒「成長」⇒「脱毛」⇒「休止」⇒「発毛」を繰り返します。

「発毛」⇒「成長」してから「脱毛」に至るまでは通常は2年~6年の期間があります。

髪の毛は、植物のようですね。
時間をかけて成長して枯れ落ちて、新しいのが生えてくるんですね。

多くの薄毛の方は、この「成長」期間が短命です。

「成長」から「脱毛」に関しては、「老い」から「死」の過程が含まれていますね。
そして「脱毛」後は、「休止」期間中があり少しの間、毛根がお休みします。(期間、3か月前後)

AGA(男性型脱毛症)の方は「ここ」が通常の頭皮状態と違います。

生え変わりサイクル

毛髪は最長6年程度の寿命があり、薄毛の方は「成長」と「脱毛」の期間が短期間です。
ミノキシジルで血行を促進し毛髪・毛根に栄養を送り込み、元気に寿命を延ばします。

毛の寿命って6年ですが、
AGA男性型薄毛の人の毛根は寿命が短いんですね。

AGA(男性型脱毛症)のタイプ別 (頭の状態)

脱毛進行のフロー

AGA(男性型脱毛症)のタイプ別 (頭の状態)

あなたはどのようなタイプの脱毛でしょうか?

「額の生え際」から始まり「頭頂部」「前頭部」

一般的には「額の生え際」から始まり「頭頂部」「前頭部」へ進行していきます。

医学的に証明されている脱毛、薄毛治療は、

  • 頭皮の血行を良くするか、
  • 育毛、発毛を阻害する原因物質の男性ホルモン治療するかの2種類になります。

ワシはどおタイプかな?!
とりあえず、頭皮の血行を良くするためにミノキシジルのんだけば大丈夫かのぉ。

ミノキシジルのこの頭皮の血行をよくする以下の2つの効果があります。
・頭皮の血行を促進して毛根に栄養が届きやすい。
・毛根(毛を作る場所)を元気にする。

頭皮の状態

ミノキシジルはフィナステリドより強い効果はないですが、初期脱毛等の副作用も低いため、薄毛治療初心者にはお勧めです。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの服用タイプの医薬品は海外での臨床試験をクリアしています。
ですので、健康で持病が無い方が服用する分には問題はないでしょう。
ですが、ミノキシジルは医薬品ですので相性やアレルギーなどもありますので、服用に際して何か異変を感じましたら服用を停止した方がいいでしょう。

どんなお薬にも相性があるみたいですね。
ちょっとでも異変を感じた場合は様子を見た方がいいですね。

主だった副作用として以下です。

ミノキシジルとフィナステリドを比較してあります。

ミノキシジルの副作用:むくみや頭皮の痒み、動悸等(例:ロニタブ)

フィナステリドの副作用:性欲減退など(例:フィンペシア)

基本的には強く副作用が出て服用を止めれば回復すると言われている程度です。
問題がある場合は服用を止めるか別のタイプのAGA薬を試してみると良いでしょう。

ミノキシジルで初期脱毛、薄毛治療なのに今よりも薄くなるの?

ミノキシジルタブレットを服用すると、まれに初期脱毛が発生するようです。
個人差があるようですが、私の場合は初期脱毛が少しありました。

ただし、結論から言えば、

初期脱毛が多い人ほど、ミノキシジルが体(頭)にあっています。
ですので、初期脱毛後の発毛効果が大きく期待できます。

ミノキシジルが体に、頭にあっていて発毛効果が期待できるようですね。

ミノキシジルの初期脱毛の期間

人それぞれで個人差があるようですが、飲み始めてから2週間前後から初期脱毛が始まります。

一般的に1週間~1ヵ月の間に初期脱毛が始まります。

私の場合は初期脱毛は穏やかでしたので、気づいた時には二週間位経過していました。
というのも、自分で、写真を撮って経過を観察していましたが、光源の状況で上手く撮影ができてなく、なかなか自分でも初期脱毛なのかの判断が付きにくかったです。

明らかに薄くなって自己判定での初期脱毛が2週間位でした。

正直、つらかったですが初期脱毛は問題が無いことを事前に情報として入手してたので、逆に励みになりました。

発毛への逆に励みになります。

”初期脱毛が多い人ほど、ミノキシジル効果が大きい!!”

既に服用を始めてから半年たっていますが、かなり髪の毛が増えています。

”ふさふさ”と表現をしても良いレベルです。

同僚からの声とミノキシジル初期脱毛

同僚からの声としては、白髪が減って来たのが印象だったようです。

彼らには初期脱毛が、自分が気にするほど、気づかれなかったようです。

薄くなっていくのは頭部のてっぺんですので、自分がしゃがんだりしない限り気づかれる事は無いみたいですね。

思っている以上に他人は人の頭の状態を気にしてません。

ミノキシジルの服用での初期脱毛が起きる理由

髪の毛には一定のライフサイクルがあります。

成長期⇒退行期⇒休止期という大きく3つのサイクルを繰り返しています。

「生えて⇒抜け⇒お休み」という感じを繰り返します。

ですが、薄毛の人は「生える⇒抜ける」この期間が異常に短いのです。

ですので、ミノキシジルは、この期間を正常に戻します。

そこで、ミノキシジルの服用で、この正常状態にするために、既に生えている髪の毛の異常な状態を「リセット(初期脱毛)」します。
ですので、この初期脱毛時に抜ける毛は細く、弱く、元気のない毛ばかりです。

つまり、初期脱毛が多ければ多いほど、ミノキシジルの効果が高いことが分かるかと思います。

ですので、初期脱毛が多い人は、効果が高く、少し耐えれば“ふさふさ”になると思って頑張って下さい。

意外と他人は人の頭を気にしていません。

ミノキシジルまとめ

ミノキシジルは、AGA薄毛対策薬の中で副作用の初期脱毛のリスクが低い。
しかしならが、効果も穏やかで時間をかけてゆっくりとしてAGA治療となります。

フィナステリドも同様にAGA治療薬ですが強い効果な分、初期脱毛(副作用)も比較的大きなものとなります。初期脱毛も出る人で出ない人がいる。

副作用としての初期脱毛が多い人ほどミノキシジルの効果が高く、発毛が期待できる。

副作用のリスクや医薬品に抵抗がある方、初心者の方はミノキシジルの服用から始めるのも良いでしょう。
慣れてきたらフィナステリドとの併用(一緒に飲んでもOK)に進むと良いでしょう。